2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Ads By 楽天

Ads by 楽天

« 1/48オクノタイガーⅠ(1) | トップページ | イロモネア ブラッディ・マンデイ »

2008年12月 5日 (金)

1/48オクノタイガーⅠ(2)

今日はまったく変な天気でした。

外出した時は12月とは思えない暖かさで、コートを着なくても良いくらいでしたが、外出から会社に戻った後、雷雨が降ってきました。

普段の行いが良いせいか、雷雨に当たらずラッキーでした。

今は寒いですねー、朝は0度とか。

さて、オクノタイガーですが、ジオラマを考えており、昨日買ってきた
ドイツ戦車兵野戦整備セットには、タイガーⅠ用の砲弾ケースが2個しか付いていないので、さくらやホビー館で買い足してきました(\756)。

ついでに、スイートの1/144ゼロ戦21型空母赤城戦闘隊(\1,680)も買ってしまいました。

これは、3機セットで、昔、1000円で別売されていた、赤城の飛行隊のデカールがそのまま入っております。

話がそれましたが、オクノのタイガーは、昨日の写真のところまで4時間くらいで組み立てられます。

ワイヤーの部品が繊細なので、気を使いますが、上手に一体成形されていて、その他はあっという間に形になります。

千鳥式の転輪を組み立てることに少し時間がかかります(ねじを使いますので小さいドライバーが必要です)。

また、似た部品が多いので、説明書を良く見ないと間違えます。

タミヤと比べるてみると、まず、ダイキャストシャシーでない分楽です。

ハンマーやスコップも別部品になっています。

また、タミヤは、1作目で試行錯誤があったと思いますが、ハッチの取ってが板状になっているのに対し、オクノは別部品になっています。

装甲板の荒れた感じもモールドされています。

オクノの後期型(ギャラリーに組み立て中のものあり)はツイメリットコーティングもモールドされています(他の方のブログでは気に入らないので、剥がしてやり直していました。罰当たりです)。

キャタピラは、オクノは接着できるベルト式で、タミヤは組み立て式です。

タミヤは、1/481作目というところで、多少こなれていない部分がありますが、オクノは後発の強みを活かして作りやすいものとなっています。

現在、どのように販売されているのかわかりませんが、私の家の近くのイエローサブマリンでは大量に売れ残っていますが、他では余り見かけませんね。

« 1/48オクノタイガーⅠ(1) | トップページ | イロモネア ブラッディ・マンデイ »

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519081/43331696

この記事へのトラックバック一覧です: 1/48オクノタイガーⅠ(2):

« 1/48オクノタイガーⅠ(1) | トップページ | イロモネア ブラッディ・マンデイ »

Blog Modelers

  • Blog Modelers

DAM☆とも

痛いニュース

無料ブログはココログ