2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

美人時計

Ads By 楽天

Ads by 楽天

« 1/35タミヤMMシリーズ(7) | トップページ | GW初日 »

2009年4月27日 (月)

1/350バブル

今日は、1年ぶりにカラオケに行きました。

おじいさん2人とでしたので、はりあいはありませんでしたが(失礼)。

さて、1/350の艦船が続々と発売されていますが、模型屋さんでの売れ残りを見るたびに、バブルではないかと心配になります。

例えば、1/350のハセガワの長門ですが、箱の大きさは、16×25.5×75.5=30804立方センチメートルで、単価は19000円(税抜)。

1/700のアオシマの長門は、箱の大きさが、4×13.5×39=2106立方センチメートルで、単価は3400円(税抜)。

確かに、1/350が1個売れるのと同じ売り上げを上げるには1/700を5.6個売らなければなりません。

それぞれ、1立方センチメートルあたりの値段を計算すると、1/350は0.6円、1/700は1.6円。

1立方センチメートルあたりの値段は、1/700の方が2.7倍も高いのです。

そして、1/350を1個置くスペースがあると、1/700は、14.6個も置けます。

じゃんじゃん売れれば良いですけど、1/350が1個売れ残っていると、1/700が14.6個置けるスペースが無駄になっています。

もし、その14.6個が売れ筋商品だったらと考えると、店舗の大きさにも限りがありますので、有効に使う必要があります。

また、長期店頭在庫は、長期に資金が寝ることにもなり、仕入れにまわす金がなくなり、資金繰りも苦しくなります。

1/350を1個売るのが、1/700を5.6個売るよりも簡単なら売り上げ的には問題ありませんけど(市場全体では、1/700の長門は、1/350の長門の5.6倍は確実に売れてると思いますが、売れていなければこの仮説は崩れます。確かに私は、1/700長門は2個しか買っていませんけど、1/350は買ってないが1/700は買ってるという人のほうがはるかに多いように思います)。

上記は小売のことですが、メーカーとしては、1/350も1/700も金型代やプラスチック代や箱代はそんなに変わらないのかもしれませんので、単価が高い方がいいということで、じゃんじゃん新製品を出しているのかもしれません。

1/700は開発し尽くされたという感があるのでしょうか。

物流的には、たくさん空気を運んでしまっています。

まあ、でかい模型がおいてあると、模型屋さんの品格も上がりそうですし、市場全体の活性化につながると言うことであればいいのかもしれませんね。

« 1/35タミヤMMシリーズ(7) | トップページ | GW初日 »

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/35タミヤMMシリーズ(7) | トップページ | GW初日 »

Blog Modelers

  • Blog Modelers

DAM☆とも

痛いニュース

無料ブログはココログ